プリザーブドフラワーの概要

プリザーブドフラワーの概要

プリザーブドフラワーの歴史と製造方法

プリザーブドフラワーは、フランスのVermont社(ベルモント社)が、1991年に「長持ちする切り花の製造技術」をパリで発表したことからスタートしました。その後ヨーロッパの一流フラワーデザイナーが注目し、このお花をアレンジに使うことで、ヨーロッパ中のフローリストたちに広まりました。

日本に最初に取り入れられたのは1996年で、フロールエバー社が日本のプリザーブド市場に参入、ヴェルディッシモ社も参入し、この3社が世界3代メーカーとなりました。 2002年にはドライフラワーの老舗の大地農園が国内初のプリザーブドローズ(スカイライン)を発表しました。現在ではフロールエバー、ヴェルモント、ヴェルディッシモ、大地農園が4代ブランドとなりました。2004年にはネイチャーオールウェーズローズ(コロンビア産)とグランロッサ(エクアドル産)が日本展開を開始し、それぞれの特徴を生かし人気を博しています。
2011年から、ロザヴィ(コロンビア産とケニア産)、2012年からはアレグリアも進出し、これらのローズを取り扱う日本メーカーも増え、お客様は、いろいろな用途に合わせて多種多様に選択できるようになってきました。

今ではパリ、ロンドン、日本などでまったく新しいお花として注目を集めています。

プリザーブドフラワーは植物の樹液を有機保存液と置き換える特別な技術で、植物の組織を完全に保ちながら、脱水・浸透・排水・乾燥の4段階を経て完成させるものです。


プリザーブドフラワーの特徴

プリザーブドフラワーの第1の特徴は長い間咲き続けることです。保管に気をつければ数年間も美しい花姿を楽しめます。

思い出を残したいウエディングブーケや引き出物などに人気なのはこのためです。また、水やりなどの手間が掛からないのも魅力の一つ。忙しい人でもお部屋に花を飾って楽しめます。インテリアや贈り花としてのプリザーブドのアレンジは、大注目のアイテムです。

第2の特徴は、見た感じフレッシュと同じであることと、そのソフトな感触です。

初めてプリザーブドを見る人は、フレッシュな花との違いに気づかないと思います。

保存行程において、体に有害な物質・色素は使われておりませんので、安心です。使用されている物質はオーガニックと着色料の混合で、これらは薬や食べ物への使用も認められているものであります。


プリザーブドフラワーのお取り扱い方法

お取り扱いについてですが、以下の注意点があります。

1.プリザーブドフラワーは非常にデリケートなお花です。生花と同様、手や物に触れると、花びら がつぶれたり切れたりすることもありますので、ご注意ください。

2.水をかけると色落ちしますので、絶対に水をかけないでください。

3.多湿・直射日光が当たる場所での保管はお避け下さい。湿度の高い場所に長時間保管しますと、花びらが湿気を吸い表面が透明になる場合があります。その場合は、湿度の低い場所に移して頂きますと元の状態に戻ります。

ページ先頭へ
ページ先頭へ
Copyright (C) 2001 〜 プリザーブドフラワーKnext  All Rights Reserved.
閉じる

商品検索

種類別:
花の色別:
メーカー別:
用途別:
キーワード:
※複数キーワードがある場合には。スペースで区切って下さい。